相続で遺言状を作成しなければいけないのはお金持ちだけでない

相続と言えばお金持ちの人たちが争っている問題であって自分には関係がないと思っていませんか。実は多くの人にとってとても身近な問題であることを知っておいてください。今流行りと言われている終活をしている人が増えてきているのも遺される人のことを本当に考えている人であればきちんとやっておくべきだということが徐々に知られているからです。

相続はプラスの資産だけではない

自分の親は相続する財産なんてないと安心していてはいけません。本当に何もない人なんてほとんどいません。家は持ち家ではないですか。生命保険は入ってませんか。車は所有していませんか。もちろん負の資産、借金なども相続する財産の一つです。

つまり、いくら家に資産がないと思っていても実は負の資産があって、それを知らずに引き継いでしまったということだってあるのです。プラスの資産であっても負の資産であっても放棄することは可能ですので、計算して負の資産の方が多かった場合は相続放棄をしましょう。参考資料→相続相談 ... ソレイユ総合ナビ

いくらお世話になった親や親戚だったからと言って借金まで背負う必要はありません。

相続人全員の同意が必要

相続を実行するとなると相続人全員の同意が必要となります。それではあなたは自分が誰の相続人となるかが分かっていますか。つまり、誰が亡くなったら財産を受け取る権利があるのかということを全員言うことができますか。

親や子ならすぐ想像がつくでしょう。しかし、それ以外にも案外いるものです。あくまで法定相続人だけで良いので把握していると良いでしょう。配偶者、子供や兄弟がいる・いないで条件が変わってくるので自分の場合はどういったケースに当てはまるのかを確認しておくことは大事です。

そして、逆に自分が死んだら誰が相続人になるのかも把握しておきましょう。法定相続人以外に財産を遺したい場合などにも非常に役に立つことですので確認をおすすめします。そして親戚の状況は亡くなったり新しい命が誕生したりとコロコロ変わるので数年に一度は見直しをしておくことも大事です。

被相続人が亡くなったら相続人全員からの同意がないと相続を実行することができません。相続人が沢山いるところなどはまず相続人が何人いるのかを把握することさえ大変で、そこから同意を得るための協議は更に難航します。

最近は地元を出ている人も多いことから協議をするとしても一苦労の場合も多く、更に大変になっています。そんな中で全員の同意を得なければいけないので、せめて誰が誰の相続人なのかの把握することは非常に大切となってきます。

分ける資産が少ないほうが揉める

相続は分ける資産が多い人達が揉めているというケースが多いイメージがありますが、実は分ける資産が少ないほうが揉めるということが言われています。というのも、資産が少しの現金以外はほとんどが不動産だったというケースが多いからです。

特に都内の不動産は結構資産価値があります。売却して現金化して分けるというのであればまだ良いですが、思い出のある不動産を残そうとした場合、相続人が1人だったとしても大変な場合があります。1つ目は相続人が1人だった場合、その資産を全て引き継ぐのだから何も問題はないと思いがちですが、都内の不動産となると資産価値が高く、相続税が発生してしまうことがあります。

相続税は納付期限が決められており、基本的には現金で納めます。遺された資産の殆どが不動産で、現金があまりなかった場合、発生した相続税を払うことが難しくなってしまうことがあります。そのため思い出の沢山詰まった大切な不動産を泣く泣く手放すことになってしますケースがあります。

2つ目は相続人が複数人だった場合に、資産の殆どが不動産だった場合、取り分に大きな差が出る、もしくは共同名義にすればまた後々問題となるといった問題が出ます。一番の解決法は不動産を引き継いだ方が法定相続分程度の現金を引き継がなかった方に渡して公平性を保つことですが、それができない場合非常に揉める原因となることが多いです。

また、共同名義はどう分けるかといった問題を先送りにしているだけで、いざ売却をする、また2次相続が発生した場合更に問題が複雑化する可能性を含んでいて、とてもではないですがおすすめできません。半分や3分の1しかない名義だけを他人に売却することは難しいですし、固定資産税は誰が払うかなどのトラブルも当然発生するので、きちんと分けることが推奨されますが、現金が用意できない場合などはどうしても不公平感が出てしまい揉めてしまいます。

遺言状の作成はトラブルを回避する第一手段

うちには借金もない、現金も殆どない、不動産もない、子どもたちも仲が良いから何か大丈夫と思った人はどれくらいいらっしゃるでしょうか。死んだ後のことを考えるなんて嫌だと思う方も多くいらっしゃるでしょう。確かに若い時にはそのようなことは考えませんし、できることならあと何十年も生きたいと考えているはずです。

しかし、不慮の事故や突然の病気など、いつ死が訪れるか分かりません。あなたがもし家族を少しでも大切に思っているのであれば遺言状の作成をおすすめいたします。遺言状を作成することでゼロではないものの多くのトラブルは回避することができます。

遺言状にあなたの想いを書き綴ることで多少分け方に不公平があったとしても相続人が同意をし、気持ちの良い相続を実行することができる場合も多くあります。子供から親に遺言状の話をするのは非常にハードルが高いです。

妻から夫へ、夫から妻へ遺言状の作成をお願いするのもハードルが高いです。ですからあくまでも自分の遺言状を作成しようと思うと相手に伝えてみてから話をしてみてはいかがでしょうか。

あなたが子供の立場であっても同様です。親に遺言状の作成をお願いするのが難しいのであれば、自身が遺言状を作成しているという話をしてみると親御さんも少しは危機感を持ってくれるかもしれません。

不動産の相続に関わる売却益と税金について知っておこう

家族を持ったら遺言状作成を

遺言状を作成するタイミングとしては家族を持った時点が良いでしょう。つまり結婚した時です。早すぎると思った方も多いでしょう。しかし、結婚した時点で法定相続人は親と配偶者という全く血縁のない他人という複数の相続人が発生することになります。

血縁者だけでもトラブルが多く発生しますが、そこに配偶者が入ると更にややこしくなるのです。ですから、結婚した時が遺言状作成の一番良いタイミングです。そして相続人の増減があるごと、もしくは数年おきに書き換えるくらいが良いでしょう。

家族を大事にしているからこそ作成する遺言状。あなたも少し勉強してみませんか。